So-net無料ブログ作成
検索選択

北欧に学ぶリラックス [リラックス]

スポンサードリンク




世界中で幸福度の高い国にスウェーデンやフィンランドなど、北欧諸国があります。

映画「かもめ食堂」を観ていてもわかる通り、北欧の人々はあくせくしておらず、実に優雅に暮らしています。
何が違うのでしょうか。

まずは、「等身大でいる」こと。人々の身なりを見ていると、ブランドものや華美な服装はしておらず、力の抜けた、でも上品な服装をしています。
トレンドに左右される大量生産・大量消費でなく、本質的に良いものを長く使うスタンスで、ある意味無駄がありません。

次に、「働きすぎない」こと。日本はサービス業を始めとして生産性が悪いことで有名ですが、彼らは適正な労働時間と賃金であまり残業をしていないようです。
お店も早めに閉まるので客の立場では少し不便ですが、みんなが少しづつ我慢すれば、トータルでは幸福度が上がります。

さらに「他人を認め、信じる」こと。例えば電車の駅には切符自販機はあっても改札がなく、利用は人々の良心に委ねられています。つまり、その気になればただ乗り出来てしまうのです。(たまに検札も来るようで、その時には無賃乗車がバレると高額な罰金があるようですが)

人口も文化も異なる国なので、北欧をコピーすればすぐに日本人が幸せになるわけではありませんが、見習うべき点があると思います。

まずは少しづつでも「等身大になる」「働きすぎない」「他人を認め、信じる」ことをやってみると心が楽になっていくと思います。


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。