So-net無料ブログ作成

「やる気」と「その気」 [情熱]

スポンサードリンク




「やる気」と「その気」、1文字しか違いませんが、どちらも何かをやり遂げたい時のエネルギーになります。

何が違うかというと、
自発的で努力をスタートさせようとする意思が「やる気」
他動的で努力し終わったあるべき姿を想像してスタートするのが「その気」
です。

人は、目標があって望みのものが入手可能だとわかったときにモチベーションが上がります。
自分で気づけば「やる気」
他人からそそのかされれば「その気」
なのですが、誰しも他人から認められたいので、「その気」の力を上手に使うと自分をうまく動かせます。

そのためには自分の目標を他人と共有することが必要です。先生でも上司でも家族でも友人でも構いません。
「わたしは〇〇目指していつまでにこれだけやり遂げたい!応援して!」
と宣言するのです。
あなたと仲が良い人であれば、「いいね、頑張って!」と背中を押してくれるはずです。

物事をやり遂げるのにはエネルギーが必要です。
「やる気」だけではくじけそうになるので、その時は他人から「その気」をもらいましょう。

小さなことでもいいので、今日から周りに自分の目標を話してみましょう。
ただしあんまりいっぱい言うと相手が忘れてしまうので、一つづつ話すのが良いでしょう。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。