So-net無料ブログ作成
検索選択

ながらエクササイズ [からだ]

スポンサードリンク




寒い時期、運動しなければならないのはわかってるんだけど、薄着になってしんどいエクササイズなんてやだなー・・・
9295940979_fb4dbcca2c_z.jpg
その気持ち、よくわかります。
新年の決意で1日腕立て腹筋30回!なんて思っていても、できる人はそれほどいないのです。

かといってテレビ通販で腹筋マシーン、テレビ見ながら開脚運動マシーンなどを買った、さーやるぞ!って思っても、いつの間にか部屋の片隅でホコリをかぶり、年末大掃除で粗大ゴミ、なんてのも良くあります。

これらの共通点は何かというと「日頃やってないつらいことをやり始める」ことです。

自ら大変なこと、つらいことをやるには相当なハードルを超えなくてはなりません。
例えば、絶対に負けられないライバルがいて、勝つと嬉しい、憧れの選手と戦いたい、痩せて憧れの彼に告白する、などつらいことの後にいいことが待っているとわかっていればそのハードルは乗り越えられますが、普通の人はそれほど強い思いを持ってはいません。

では、どうすればいいか。
日常動作に組み込むのです。
通勤・通学、炊事・洗濯・掃除、勉強時間、音楽鑑賞などなど、毎日やっていることです。

組み込む段階では、できれば後戻りしにくい仕掛けを作ることが望ましいです。

・定期をあえて一駅前までにする。
椅子ソファをやめてバランスボールに座る。
・音楽プレーヤーは高いところに置き、立ってリズムに合わせて体を動かしながら音楽を聴く。
掃除機をやめてほうきと雑巾で掃除する。
・コンビニで弁当を買わずに自炊する(慣れてない人はまずは炒めるだけとか簡単な料理から)

最初はあまりきつい運動をしてはいけません。
つらいことは続かないのです。
いつの間にか歩いてる、立ち仕事してる、ダンスしてる・・・という状態にすることが目的です。

大事なのは記録です。
一番手軽なのはスマートフォンの万歩計です。
ノートに書いて、どのくらい変わったかを眺めるのです。
こんなに楽なんだったらもう少しやっても大丈夫、という状態になったら少しずつ強度を上げます。
具体的には
歩く速さを早める。
電車では常に立つ。
エレベーターより階段を使う。
高いところも掃除をする。

運動のための運動は時間がもったいない気もしますが、ながらエクササイズは基本的に普段やることの延長なので、新たな決意や道具が要りません。

強度が低くても毎日やることが重要です。
いきなりすぐに成果は出ないですが、確実に体を改善します。


できることからすぐにやってみましょう。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。